クレジットカードとキャッシングカードの違いとは何か | 10万円借りる【10万円キャッシング方法】

クレジットカードとキャッシングカードの違いとは何か

銀行カードローンと銀行系消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★ 銀行カードローンは、融資限度額が高めで金利も低い分、銀行系消費者金融と比べて審査に時間がかかるといわれています。

>> 10万円キャッシング【銀行ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆ 銀行のカードローンに比べて、銀行系消費者金融は金利が多少高くなりますが、融資までのスピードが早めといわれています。

>> 10万円キャッシング【スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



10万円キャッシング辞書:安心して未成年がお金を借りるにはどんな方法が考えられる?

消費者金融などの貸金業者や、銀行のカードローンでお金を借りる場合、申し込み条件として満20歳以上であること、継続した安定収入があることが求められます。 そのため20歳に満たない未成年の方は、基本的には金融機関を通じてお金を借りることができません。 もっとも、学生結婚をするなど婚姻をすると、20歳未満であっても法律上、成年とみなされるため、収入があれば借入れが認められるケースがあるかもしれません。 ですが、婚姻による成年擬制が認められる方はレアケースです。 一般的な未成年がお金を借りるにはどうしたらいいでしょうか。 世間一般的な方法としては、やはり親や祖父母など家族や親族から借りることです。 もらうのではありません。 あくまでも借りるのです。 事情を話して何の目的に利用するのか、いくら必要なのかを説明したうえで、きちんと借用書を作成します。 ある時払いではなく、バイトをして返済するとか、将来就職した時にまとめて返すなど、きちんと返済の定めをしましょう。 利息を要求する家族は少ないと思いますが、借用書を作成する意気込みがあれば、ある程度まとまったお金も貸してくれるかもしれません。 キャッシング専用やローンカードの申込みは20歳未満ではできませんが、クレジットカードの場合、満18歳以上の学生でも申し込めるのが一般的です。 ただし、高校生は不可で、かつ、申込には親権者の同意が必要です。 この際、学生本人にアルバイト収入など一定の継続収入があれば、キャッシング利用枠が最大5万円を限度に認められる可能性があります。 あくまでも審査があるので、確実に通るわけではありません。 学費や学生生活目的であれば、勉強を頑張って自らの力で奨学金を獲得する方法があります。 もちろん、返済が必要で、無利息又は低利で返済しなければなりませんのでできるだけ借りないようにしましょう。

ページトップへ戻る