クレジットカードとキャッシングカードの違いを知る

クレジットカードとキャッシングカードはどう違う

クレジットカードとキャッシングカードの違いがよく分からないという人は少なくありません。 クレジット申し込みの際にキャッシング申し込みもできたりするので、何が違うの? と思ってしまうのは当然です。 では、基本的な知識から紹介しましょう。 クレジットは、代金支払いツールの一種です。 商品を購入した際に通常なら現金で支払いを済ましますが、クレジットカードがあればカードをレジにて提出することで現金を支払わずとも決済ができてしまうのです。 実際にかかった購入金額は、翌月もしくは翌々月あたりに指定口座から引き落とされる形で支払います。 要するにクレジットは、金融会社が一時的に代金支払いの肩代わりをしてくれる機能ということです。 対してキャッシングは、現金を借りることです。 CDやATMなどからキャッシュカードを用いて現金を引き出せます。 引き出した現金の用途は限定されないので、ショッピングに使ってもよし、交際費に充ててもよし、生活費に充ててもよし、どんな用途にも使用できます。 さて、まとめてみるとクレジットは決済ツール、キャッシングは借り入れということになります。 それぞれのカードでできることが異なるので注意しましょう。 ちなみに、クレジットにキャッシング機能が付帯していることもありますが、その場合は、クレジットカードを用いてキャッシングをすることもできます。 ただし、いずれも限度額が定められており、その範囲での利用になるので計画的に使いましょう。

関連ページ

クレジットカードのポイントとは
10万円キャッシングでお得にクレジットカードのポイントを貯めよう。