ブラックリストとは

ブラックリストの正式名称は事故記録

金融の専門用語で最も知られている言葉の一つに、ブラックリストという言葉があります。 借金の返済ができなくなった人の名前が登録されるというものですが、実は実在していません。 いわゆるブラックリストというものは、事故記録と呼ばれるものです。 返済が遅れたり、破産したり、保証人の代位弁済に切り替わったとき、信用情報機関で管理されている個人の信用情報に事故があったことが記録されます。 金融機関が貸出をする際に審査をしますが、その場合はこの信用情報機関に事故記録がないか問い合わせます。 この審査を通過することで、融資が実行されるのです。 つまり、借入額が限度額に達していないのに、カードローンや消費者金融でお金が借りられなかった場合は、事故記録が登録されている可能性があります。 事故記録が登録されると、他の金融機関でもお金が借りられなくなります。 それは、信用情報機関に加盟する金融機関であれば、この情報を見ることができるからです。 そのため、ある程度の期間が経過するまでは、お金が借りられないという状態が続きます。 しかし、数年間経てば解除されるので、その後は融資を受けることができます。 紛らわしいことに、事故記録以外にもお金が借りられなくなることがあります。 それは、短期間の間に融資の申し込みやクレジットカードの申し込みを多数行ってしまうことです。 これを通称「申し込みブラック」と呼びます。 申し込みを多数おこなった場合、借り回しとみなされて融資等ができない状態になります。 これは事故記録のように長期間融資がストップすることはありません。 数ヶ月の期間をおけば解除になります。

関連ページ

約定利率とは
約定利率についての情報をご案内しています!
不良債権とは
不良債権とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
ANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法
チャンスを逃さないANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法をチェック
担保とは
担保とは
約定返済の意味
約定返済について解説します!
キャッシング比較でお得に便利
簡単にできるキャッシング比較でお得なサービスを知ろう!