不良債権とは

不良債権とはどんなものなのだろう

不良債権とはなんなのでしょうか。 経営がすでに破綻していまっている会社や売上不振・業績不振などにより破綻している状態と同じに陥ってしまっている会社や、破綻する危険性がすでにある会社に対する債権のことを言います。 日本においてはバブルの崩壊によって金融機関が抱えた大きな問題になりました。 バブルの崩壊というのは、地価が急に上昇していき、いきつくところまでいき、急にはじけてしまったことが原因で急激に地価が下落しました。 それによってたくさんの銀行が債権を抱えた出来事のことを指します。 銀行は、会社立ち上げの時に、お金を貸してくれますが、それは返済可能だと思い会社向け、または個人向けに行います。 それが数年後、返済不可能になってしまった場合、貸した分は銀行の損失になります。 また、銀行というのは、顧客の預金などを資金として他の顧客にお金を貸し出して運営していますが、返済が不可能になるということは貸し出した利息が入ってこないままコストを払い続けることになるので銀行にとっては大きな影響をこうむることになります。 銀行がこの不良債権の処理の仕方としては2つあります。 ひとつめは償却とよばれる方法です。 銀行の貸借対照表から、債権を落として損失を決定する方法です。 ふたつめは引当てとよばれる方法です。 経営破綻になるだろうと思われる取引先会社などに対する貸し出しを、資産として残したまま、経営破綻になった時に備えて費用として貸倒引当金を計上する方法です。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは
約定利率とは
約定利率についての情報をご案内しています!
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
ANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法
チャンスを逃さないANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法をチェック
担保とは
担保とは
約定返済の意味
約定返済について解説します!
キャッシング比較でお得に便利
簡単にできるキャッシング比較でお得なサービスを知ろう!