担保とは

担保の定義とそのポイント

金融機関で融資を受ける際には、担保というものが必要なのだといわれていることは、多くの人がご存知でしょう。 とはいえ、融資のときに必要なものというイメージがあるこれは、いったいどのようなものなのか、わかっていない方も少なくありません。 具体的にはどんなものなのかというと、お金を借りるときに必ずお金を返しますよという証明代わりに、当人が大切にしているものを預けることを指して言います。 必ずお金を返すための保証を形にしたものといえ、そのためには様々なものが提出されます。 たとえば、土地や別荘などの不動産物件をはじめとして、高級品などの財産価値のあるものを一般的に提出することがしばしば存在しています。 そのため、自分の提出するものが融資に見合うだけの価値があるのか、金融機関も納得してくれるかどうか、確認しておく必要があります。 一般的には融資を受ける金額よりも大きな金額のものを預ける傾向があります。 万が一融資を返済することが難しくなったときには、状況に応じて金融機関側では担保を活用するためには、売却する措置をとるのです。 売却することによって貸したお金を回収することになるので、このようなことにならないように、事前に色々な督促や相談などを実行し、確実に返済できるように、対策を採っている金融機関がほとんどとなっています。 返済が少々遅れるくらいであれば、多少手数料がかかりますが売却せずに待ってくれる金融機関が多いのです。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは
約定利率とは
約定利率についての情報をご案内しています!
不良債権とは
不良債権とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
ANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法
チャンスを逃さないANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法をチェック
約定返済の意味
約定返済について解説します!
キャッシング比較でお得に便利
簡単にできるキャッシング比較でお得なサービスを知ろう!