約定利率とは

個人間で話し合いを持って決める約定利率

お金の貸し借りをする場合は、個人対個人の場合もありますが一般的には個人と法人の取引になります。 一般的にお金の貸し借りを行うときには、利率が定められます。 この定め方には2種類あります。 一つ目が法定利率といわれるものです。 二つ目が当事者同士で話し合いをして決める約定利率です。 後者の場合には、好きな利率を定めることができますが、度が過ぎる利率を定めることはできません。 借金の利率を定める場合には、利息制限法が適用されます。 これは、利率を一定限度に制限することで消費者を守る制度です。 その概要は、10万円未満は年間20%、10万円から100万円未満は年間18%、100万円を超過する分には年間15%です。 借り入れの金額が大きくなるほど、利率が低くなることがわかります。 利息制限法を越えての利率の設定をした場合には、超えた分に関しては無効となります。 過払い金の利息の利率は年間で5%であると定められています。 個人間での話し合いが自由といえど、この範囲内で契約を結ぶ必要があります。 たとえば、月々4万円の支払いで100万円を29.2%の利率で借りていたケースで見てみましょう。 1年間で48万円を返済した場合、約定なら残高が78万円ほど残ることになります。 しかし利息制限法で計算し直すと64万円に減少するのです。 このように、借り入れの利率によって返済金額は大きく変動します。 過払い金が発生している可能性もあるので、専門家に相談しましょう。

関連ページ

ブラックリストとは
ブラックリストとは
不良債権とは
不良債権とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
ANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法
チャンスを逃さないANAダイナースコーポレートカードでお金を借りる方法をチェック
担保とは
担保とは
約定返済の意味
約定返済について解説します!
キャッシング比較でお得に便利
簡単にできるキャッシング比較でお得なサービスを知ろう!