無利息残高とは

業者によって扱いの異なる無利息残高

消費者金融でお金を借りた際の返済方法にはいくつかの種類があります。 店舗の窓口に行って直接返済する方法もありますが、多くの人は手間な時間を掛けたくないので自宅や職場などの近くのATMから振り込んでいるのではないのでしょうか。 ATMで返済する上で一つ問題となるのが1000円未満の支払いです。 たとえば、借りたお金を順調に返済して残高が1000円未満になったとします。 しかし、ATMの中に取扱額の下限が1000円というところがあり、1000円未満の金額を支払うことができない場合があります。 その際、残高の扱いはどうなるのでしょうか。 これは、消費者金融によって扱いが異なるので注意が必要です。 ある消費者金融では残高が1000円未満になると「無利息残高」として扱われることになります。 これは残高については利息や手数料を付けず、支払期限も設定されないというものです。 この状態だと厳密には完済ということにはなりませんが、残高がこれ以上増えることはありませんし支払いを迫られることもないので事実上なんの問題もありません。 もし、今後も消費者金融を利用するかもしれないという時には無利息残高を残したまま契約を続けることもできますし、今後利用しないならば解約しましょう。 ただし、たとえ少額でも残高があるうちは解約できないので、どうしても解約したい場合には窓口に行って残高を精算する必要があります。 もちろん、業者によってはたとえ1000円未満であっても利息がつくところもあるので、そのような業者を使っている場合には窓口で支払いを済ませるようにしましょう。

関連ページ

定率リボルビング方式とは
定率リボルビング方式とは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
必要な時に10万円借りたい方へ
必要な時に10万円借りたい方へ