定率リボルビング方式とは

定率リボルビング方式の長所と短所

リボルビング払い方式には大きく「定額リボルビング方式」と「定率リボルビング方式」の2つがあります。 前者はあらかじめ毎月の返済金額を決めるものであるのに対して、後者では返済金額ではなく返済する割合を決めるという違いがあります。 定額方式では残高が増えても返済額が一定のため、新たに借り入れを行っても返済額が増えないことや計算が楽なことなどメリットがありますが、その反面で返済期間が長期間してしまい支払利息の総額が増えてしまうというデメリットがありました。 一方で定率方式の場合には残高に応じて返済額が変動するため残高が増えると返済額も増えてしまいますが、その分返済期間が短縮されるので速やかに完済を目指すことが可能になります。 定率方式には「元利定率方式」「元金定率方式」の2つの種類があります。 両者とも借入残高を確定した後、その残高に対してあらかじめ設定しておいた利率を掛けあわせて毎月の返済額を算出することについては同じですが、元利定率の場合には算出額の中に元金部分と利息部分を含めるのに対して、元金定率では算出金額はすべて元金で、そこに利息分を加えて返済することになります。 定率リボルビング方式のデメリットとしては、返済初期ほど元金部分より利息部分が占める割合が多くなるので元金がなかなか減らないことがあります。 また、残高に対して一定の割合で返済を行うという性質上、理論的には永遠に支払いが完了しないということです。 ですから、完済するためにはある程度残高が少なくなった時に一括返済に切り替えることが必要です。

関連ページ

定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
無利息残高とは
無利息残高とは
必要な時に10万円借りたい方へ
必要な時に10万円借りたい方へ