定率リボルビングシステムとは

元金は定率リボルビングシステムで減らせる

最近は、クレジットカードなどでリボルビング払いを利用する方が増えています。 そのリボルビング払いの一つが「定率リボルビングシステム」というものです。 通常のリボルビング払いと違うのところは、債務者が毎月の支払金額を決めることができるところでしょう。 もちろん、下限額はあるのですが、それ以上なら債務者自身が決めることができます。 ただ、その場合、通常より金利が高いことが多いようです。 どれくらい金利がお得になるか、または多くなってしまうのか考えてから決めましょう。 定率方式では、前月の残高の一定割合を返済すことができます。 元金に対して何%というように、元金を返済する割合を決めるのです。 これとは別の方法である定額リボルビングシステムは、元利合わせて毎月の返済額を決めるの返済方法とはこの点が大きく違います。 定率リボルビングシステムの返済方式では、返済額は残高の%と金利を毎月支払うことになるため、毎月の支払額は一定ではありません。 また、残高の%で返済額が違いうため、最初の支払額が一番多いということになります。 定額リボルビングシステムなら毎月の返済額は決まっていますが、低率リボリビングシステムの場合、最初が一番苦しいということになり、徐々に返済額が減っていくため、完済までのトータルの金利は少なくなります。 ただ、返済額を%で決めるため、完済するためには自動引き落としではなく、繰り上げ返済をしなければなりません。

関連ページ

定率リボルビング方式とは
定率リボルビング方式とは
無利息残高とは
無利息残高とは
必要な時に10万円借りたい方へ
必要な時に10万円借りたい方へ