ジャパンネット銀行から借りる | 10万円借りる【10万円キャッシング方法】

ジャパンネット銀行から10万円キャッシング

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方

銀行カードローンと銀行系消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★ 銀行カードローンは、融資限度額が高めで金利も低い分、銀行系消費者金融と比べて審査に時間がかかるといわれています。

>> 10万円キャッシング【銀行ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆ 銀行のカードローンに比べて、銀行系消費者金融は金利が多少高くなりますが、融資までのスピードが早めといわれています。

>> 10万円キャッシング【スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!




お金を借りる方法のギモン:突然の出費にクレジットカードでお金を借りる方法

突然の出費に対応するために、お金を借りたいという時がありますよね。 そんなときはクレジットカードを持っていると、そのカードでお金を借りることができます。 クレジットカードでお金を借りる方法は、クレジットのキャッシング枠を利用します。 クレジットカードには、もともと通常のクレジット機能であるショッピング枠があります。 ショッピング枠とは、クレジットで買い物できる金額の限度額を表した数字で、例えばショッピング枠を20万円と定められているなら、20万円分の代金をクレジットで決済できるというようになっています。 そして、クレジット契約の際に、ショッピング枠とは別の機能をもつキャッシング枠というものも付帯させることができます。 このキャッシング枠を付帯させることで、クレジットを使ってお金を借りることができるようになるのです。 キャッシング枠もショッピング枠同様に限度額が決められており、その金額の範囲でお金を借りることが可能です。 ただし、キャッシング枠で定められた額はショッピング枠よりも大きくなることはなく、ショッピング枠の一部をキャッシングに当てるという仕組みになるでしょう。 ちなみにキャッシング枠はクレジット契約後に付帯させることも可能ですが、契約時に付帯させておいた方が面倒がありません。 用がなければ使わなければいいだけですので、付帯していることで困るというようなことはないでしょう。 キャッシングは本当に必要な時にだけ活用するようにし、返済計画を立てた上で借り入れするようにしてください。

ページトップへ戻る